プログラミング初心者の有効な勉強法

プログラミング初心者が勉強する際は、まず学習したい言語を決めておくと良い。
プログラミングには様々な言語が存在し、その中から使う言語は職業や目的によって異なる。せっかく勉強しても使わなかったという事態にならないよう、始める前に言語を選ぶことが重要だ。
初心者向きで色々な場面で使うことが出来るC言語なのか、求人数も多くAndroidアプリも開発できるJavaなのかなど、きちんと使うと思うものを勉強する必要がある。

言語を選んだら、次はプログラミング言語の書き方を学ぶ。
参考書やテキストの構成をただ書き写すのではなく、構文を理解して覚えることが大切だ。条件に一致するときにはこの言語を、一致しないときには違う言語を使うなど、パターンを覚えるようにすると良い。
性質を勉強しておくことも大事で、設計思想やパラダイムの性質を調べることをおすすめする。ここで性質を知っておくと理解力も高まり、プログラミングがやりやすくなるだろう。

またアルゴリズムとデータ構造を実装して練習することも、おすすめの勉強法だ。
アルゴリズムを理解していれば、どのように書き出せばシステムが動くのか分かるようになる。実務ではあまり必要ではないとされているアルゴリズムだが、実際の開発を小さくしたような感覚でプログラミングの練習ができる。

ある程度プログラミング言語の勉強をしたら、自分自身のサイトを作ってみて運営すると良い。良いコンテンツになるように工夫もするようになり、勉強を続けるモチベーション維持にもつながるだろう。