まずは言語を一つに絞る

プログラミング言語を勉強しようとしても、世の中にプログラミング言語はたくさんある。どれから学べば良いのかわからないプログラミング初心者の方も多いのではないだろうか。

プログラミング言語習得のコツは、まず学ぶ言語を一つに絞ることでだ。
そして絞るためには、プログラミングをする目的をはっきり決める必要がある。
ゲームが作りたい、ホームページが作りたい、アプリを作りたいなど、それぞれで用いる言語が変わってくるだろう。プログラミング言語を勉強するモチベーション維持のためにも、まずは目標物の設定が大事だ。

目標物と共に学びたい言語が決まったら、とりあえず手を動かすことが必要だ。もちろん本などで基本の知識を身に付けることも大切だが、それだけではどうにもならない。
プログラミングは、運動と同じである。運動はいくら体の動かし方を知識として勉強しても、実際に体を動かさないと上達しないものだ。
同様にプログラミングにおいても、実際にプログラムを作らなければ何も身に付けることはできない。

そこで、プログラミングの学習サイトを使うことをおすすめする。
こういったサイトでは、段階的に必要な技術を学ぶことができる。すぐ実践に移るので習得が早く、またプログラムの正誤判定も出してくれるため、自分の間違いにも気付きやすい。
そして実際に成果物を作り上げることができるので、達成感を得やすくモチベーションも保ちやすくなる。

また、一緒に勉強する仲間を作ることも大切だ。
実際の友人でもいいし、ネットでつながっている人でも良い。どうしてもプログラミング言語の勉強は孤独になりがちなので、ともに切磋しあう仲間の存在は心強いものになるだろう。